TUTORIALS

チュートリアル

  1. TUTORIAL
  2. 自己満足な世界と、”モノ”の市場価値・・・

自己満足な世界と、”モノ”の市場価値・・・

カスタムハンドメイドMODを追いかけるという底無し沼・・・。
「ぶっちゃけ、どれでも一緒じゃんwww!」と思う方は、これ以降は読んでも仕方が無いので他の記事を・・・(そういう方は他の記事にも興味無いかと思いますが)。

2016年も半分終わり、様々なレギュレーションがVape界に適用されようとしている中、様々な新製品がリリースされています。どんなカスタムハンドメイドMODでも、「好きで買っている」「MODの価値は気にしない」「そのMODが好みだから」という”自己欲求”や”自己満足”って結構大切だったりします。

これはVapeに限らず収集系の趣味はなんでもそうですが、コレクターは大まかに3種類にカテゴライズ出来るかな?と思っています。

① なんとしてでも入手する
② 第1希望は入手困難なので、第2希望以降で代用する
③ 諦めて別なモノで代用する

”モノの価値(市場価値、マーケットバリュー)”は、実際にはほとんど”① なんとしてでも入手する(=欲しいモノを入手するのに金に糸目は付けない)”という層によって形成されています。(もちろん違う場合もありますが・・・)

例えばZippoライター。 基本的にはZippoに素材以外でのランクというものは存在しませんが、年代が古かったりすると価値が上がる事があります。当然ながら当時の販売当初から値段が高かったりするワケでは無く、現存する個体が希少だったり、生産数が少なかったりと色々な要素で付加価値が発生します。

エレキギターでも同じですね。

海外のコミュニティや様々なModderさんと話をしている内に、やっぱりVapeにも共通する要素があると気付きました。
どういったMODやAtomizerが人気が出て価値が上がるのか?またその逆は?と言う事を考察してみます。

MODやAtomizerの場合、次の公式が成り立ちます。

価値が高い RRP、RRP割れ
生産数:少量 生産数:多量
オリジナル インスパイア
サポート:良 サポート:悪
完成してから支払い 完成前に前払い、半金入金
高品質 低品質、普通
入手が困難 入手が容易

 

もちろん、価値の高い低いなどどうでもいい事ですし、全ての要素が左枠に収まるMODなんてほとんどありません。ここで注目したいのは、これらを指標として掘り出し物を見つけるといった事にも使える事です。

例えば・・・

  • RRP、RRP割れしていて
  • 生産数は普通
  • サポートもそこそこ良くて
  • 高品質
  • 入手簡単

 

なんてMODはどうでしょう?「そんな夢みたいなMODなんて無いだろ!」と思われるかもしれないですが、実は探すとあったりします。

例えば・・・Frost Mods Box! もうすぐV2が登場。

 

image

 

販売開始からそこそこ時間は経っていますが、当時はリリースのタイミングや販売方法に少々問題があったため、あまり人気が出なかったMODの代表格といえます。しかし、MOD自体は素晴らしい出来なのでセカンドハンドなどを狙ってみるのも良いかもしれません。

 

狙い目その2: 出来は普通・良いのに海外では評価悪なModを狙う。
ぶっちゃけ日本で使ってる分には海外での評価なんてどうでもいいので、それらを狙うといった手もあります。例えばVape TraderやMod Traderなどで「WTT(want to trade)」と謳っているスレッドに「〜これらのModは除く」といった表記をされていることがあります。大抵の場合そこに記載されるModはほぼ海外では人気が無いModだったり価値が無いと烙印を押されてるModだったりします。
「出来栄えはそこそこ良いのになんで価値がないのか」といったことはまた別の機会に記事にしようかなと。
「それってどんなのよ?」って話になるかと思いますが、この場では一応公表は控えておきます。気になる方はFBのFEVA WEBのコメント等で質問頂ければ。。

 

Atomizerだと、例えばUbertoot UTA2やMEB Mods M-Attyは最も入手が難しく、高品質で美味しいAtomizerになりますが、Art of Exhale Gamma V1.3やTitanium Mods AchillesやKayfun5やHussar等は簡単に入手出来て高品質、且つ美味い!と言う、UTA2やM-Attyに引けを取らない製品です。

 

色々な人に「どんなMODがオススメですか?」「どんなAtomizerが美味しいですか?」と良く聞かれますが、決まって「好きなの使えばいいんじゃね?」って答えています。何故なら「Vapeを嗜むのにMODの価値なんて関係無いし、Atomizerに関してはビルドでどうにでもなる」と考えているからです。
「じゃぁ、何故そんなにカスタムハンドメイドMODばかり追いかけるの?」と思われるかもしれませんが、それは単純に「カスタムハンドメイドMODが好きだから」という”自己欲求”や”自己満足”を満たした結果でしかありません・・・。