TUTORIALS

チュートリアル

  1. TUTORIAL
  2. 覚えておいた方が良い事・・・色々・・・

覚えておいた方が良い事・・・色々・・・

今回は、この趣味をより一層楽しんでいく為に”覚えておいた方が良い”と思う事を徒然なるままに・・・(笑)

 

”List”への入り方 ~基本編~

Facebookグループに限らず、様々な掲示板等でも良く目にする”List”や”F5 (”F5 war”とも呼ばれる)”というキーワード・・・。
「そもそも”List”や”F5 (”F5 war”)”って何・・・?」というところから、軽く説明をしていこうと思います。

 

”List”とは、カスタムハンドメイドMODや少量生産のAtomizer等を販売する際に、Modderがよく選択する販売方法の1つです。
一口に”List”と言っても、 下記の様な様々なやり方があります。

・インタレストList
Modderやショップ、FBグループが製品の販売前に「市場でどの程度の興味を持たれているか?」を確認する為に開かれるListです。
ここでの返答数により、生産数調整や、販売Listでの販売個数調整等が行われる事があります。
注意しなければならないのは、インタレストListはあくまでも「市場調査」的意味合いのListなので、このListにx1したからと言って購入権利が獲得出来る訳ではないという事です。
但し、インタレストListが開かれたと言う事は近い将来に販売Listが開かれる可能性が高いと言う見方も出来るので、注目しておく目安にはなるかもしれません。

・先着順List
Modderが指定した日時にGoogle Docや掲示板等に必要事項を書き込んだ順で、製品の購入権利と順番が決定するOld Styleな方法です。
現在大人気で入手困難なAtomizer “Ubertoot UTA”などはこの方式を採っています。
カスタムハンドメイドMOD等の場合は、この順番に従ってWoodチョイスが行われるのが慣例な事が多いです。

・抽選List
ほとんどのFBグループで行われるListはこの販売方式です。
Modderが指定した日時及び制限時間内にGoogle Docに必要事項を書き込んで登録し、Random.org等の抽選サイトを使って抽選を行います。
通常、購入可能枠が10個の場合は抽選結果の上位10名に購入権利が与えられます。
(Woodチョイスがある場合も、この抽選結果の順番で行われる事がほとんどです)

・Master抽選List
ModderのFBグループ等で行われている販売方法です。
購入希望製品のFBグループに入った後、そこに置いてある”Master List”に登録しておけば、後は勝手にMODの完成したタイミングでModderが抽選を行い、購入者を決定する方式です。

・F5、F5 War
Modderが指定したスレッドに”x1″と書き込む販売方法で、 基本的に”早い者勝ち”となります。
最近では「Quick Strike(クイックストライク)」や「Fast x1」と呼ばれたり、特にイタリア系では「Pop-up」とも呼ばれています。

 

”List”を見つけるには、まずModderのグループ(”本家”と呼ばれる)に入るのが基本となりますが、FBでは本家以外のグループで”List”が行われる事も多々あります。

例えば、先日FEVA WEBのFBグループにて行われたARC AttyのListがこれに当たります。ARC AttyのListは本家、FEVA WEB、の他に、3つの異なるグループでも行われていました。 つまり、どれだけ様々なグループに属しているかによってListに入れる確率が変わってくると言う事です。 それらのグループはシークレット(秘密)だったり、クローズド(非公開)だったりするので簡単には見つけられないですが、そういったグループを探していくという楽しみも、この趣味の魅力の1つだろうと考えます。
グループの探し方については、各自で色々試して欲しいと思います・・・。

 

シークレット(秘密)グループへの入り方

FBグループには、Modderや、世界中からコアなVaporが集まるシークレットグループが多数存在しています。
基本的に、それらのシークレットグループに入るには”既存メンバー複数人から推薦をしてもらう”のが一般的です。但し、グループによっては推薦制度を採っ ていたとしても、新規メンバーの募集期間でなければいくら推薦されても入れない・・・といった厳格なルールを定めている所も多いです。
また、既存メンバー1人が推薦出来る人数が決まっている場合もあるので、タイミングを見計らう必要もあります。
最大定員数を設定しているグループがあったり、中には入会金が必要なシステムを採っているグループもあったりと、シークレットグループに入るには中々ハードルが高い事が多いですが、常にアンテナを張って情報収集、発信に務める事が近道と言えるでしょう。

非常に稀で、もっとハードルは高くなりますが・・・もう1つの方法として、シークレットグループのAdmin(管理人)と仲良くしていれば入れてくれる場合もあったりします。
(あまりオススメ出来る方法ではありませんが・・・)

 

英語での住所の書き方

日本国内での住所の書き方と ”基本的に英語表記では逆になる” と覚えておくと良いでしょう。

① 建物名/部屋番号
② 番地・町名 (Street address)
③ 市、村、郡、区等 (City)
④ 都道府県 (State/Pref)
⑤ 国名・郵便番号 (Country/ZIP)
⑥ 電話番号 (Phone)

の順で書くのが基本となります。

例:
〒221-☓☓☓☓ 神奈川県横浜市神奈川区△△町 ◯-◯◯-◯ □□201号
045-◯◯◯-☓☓☓☓

□□-201 ◯-◯◯-◯ △△ Kanagawa Yokohama Kanagawa JAPAN  221-☓☓☓☓
Phone : 045-◯◯◯-☓☓☓☓

この順番を覚えておくと、相手がどれが番地で、どれが市町村なのか分からない為に起こり得る余計なトラブルになり難いです。
「-Shi」や「-Ku」等は省略しておいた方が相手に伝わり易いでしょう。「〒」は日本独自の記号なので使ったとしても相手には伝わりません。

尚、PayPalの登録住所も予め英語にしておく事を強くオススメします。

 

PayPal決済額の上限開放

海外通販をスムーズ且つ安心、安全に楽しむ上で必須と言える”PayPal”ですが、デフォルトでは支払額に上限が設定されているのを知っていますか?
PayPalのデフォルト設定では「1回の決済につき、10万円まで」が上限なので、昨今のカスタムハンドメイドMODの価格高騰により、支払いを複数回に分割してもらわないと支払えない場合が出てきました。それは面倒なので、PayPal決済額の上限解放を予めしておくと良いでしょう。
(2016/6/28現在、為替が円高にシフトしているのでそこまで気にしなくても良いかもしれません・・・)

 

海外FBグループでのコメント投稿は英語で!

海外FBグループでは、基本的に”英語”が共通語として指定されている事が多いです。
同じ趣味を持つ者同士のコミュニケーションの場なのでごく当たり前の事ですが、海外グループのスレッドに日本語で書き込んでいると注意を受ける場合があるので気を付けましょう。
「Google Translateがあるからいいんじゃね・・・?」と思うかもしれませんが、マナー的に言ってもそれを使うのは相手が先ではなく、まずあなた自身です。